雑記帳

 8

 

山への想い ・言いたいこと ・その他感じたことなど短くマトメていきます。拙い表現ですが想うところをお汲取りください。
 

 トップ目 次本 館最新情報 -Ⅰ最新情報 -Ⅱ私の伴侶達行動記録雑記帳一寸一言自己紹介


 

 Top654321

 

 

  

 番号

  年  月   日

タ  イ  ト  ル

内            容  

 027

 05. 8.25

 完全に理性を失った小泉さん

 

 

 026

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 

 

 025

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

 

 

 024

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

 

 023

 05. 6.26

 意地で信念を貫く小泉さん

 歓迎されない不評の意地に凝り固まって・・・何も見えないようだ

 022

 05. 6.08

 自己満足より国益優先すべし

 先輩首相のアドバイスに耳を傾けるときだが・・・

 021

 05. 5.21

 中・韓に愛想を尽かされた小泉さん

 奢れるもの久しからず

 020

 05. 5.21

 お邪魔虫

 ネットのメールは便利とは言えマナーは守りたい

6

 019

 05. 3.01

 主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

 山頂避難小屋は一部の人だけの都合の良い場所にしてはならない

 018

 05. 2.19

 悲しいできごと

 苦しさに耐え、いつの日か生きて来たからこその喜びを!

5

 017

 05. 2.17

 置いてけぼり

 寂しくも去り行く人に成功とご多幸を祈ろう

 

 016

 05. 2.15

 挨拶

 人との挨拶は互いの励まし、山へは感謝の気持ちを込めてご挨拶

 

 015

 05. 2.14

 ゴミ処理対策

 ゴミの押し売りへの対策は?

 4

 014

 05. 2.09

 主人なき山頂避難小屋  

 大人の告げ口ほど滑稽でみっともないものはない

 

 013

 05. 1.24

 カタツムリの宿 

 お山の天候の悪いときはお宿の手入れです

 

 012

 04. 7.31

 人は見かけによらない

 外見だけでの人の判断は・・・見誤りかねません

 3

 011

 04. 7.29

 心開けば

 謙虚に、そして正直に生きて行きたい

 〃

 010

 04. 7.05

 引越し

 人生最後の引越し先は?

 〃

 009

 04. 5.06

 夢よさらば!

 中古車に新たなる夢を託す

 2

 008

 03.10.07

 大山夏道修復工事雑感

 何時まで続く夏道修復工事

 

 007

 03. 6.20

 故郷の山を歩いて

 宿場町根雨と父のこと

 1

 006

 03. 2.01

 発行後記

 発行にあたって

 

 005

 03. 1.28

 大山の魅力

 大山の魅力は・・・山容?優しさ?厳しさ?・・・何なのでしょう?

 

 004

 03. 1.18

 山よ!また逢いなん

 山懐に身を置けばそこは揺りかごの世界です

 

 003

 02.12.08

 山は吾が人生の道祖神

 山は人生の道しるべ・守護神です

 

 002

 02.10.20

 山へ行こう!

 ぶなの森 ・雲 ・風 ・小鳥が誘っています

 

 001

 02. 6.10

 さあ出かけよう!

 山へのスタートです

 

 

 

[ 027 ]  完全に理性を失った小泉さん

05. 8.25


いや~驚いた、正にサプライズだ。いや、驚いている場合ではなくて日本の将来が危ない。

日本の民主主義が危機に晒されようとしている。
民主党岡田党首の掲げたスローガン「日本を諦めない」なんて、ちょっとズレて聞こえる。

小泉さんが自己の政治目的を達成するための手法 ・手段が異常なのだ。
自己中を推し進めるところは「普通の人」なのだが、中身が問題の「郵政法案」を審議不十分のまま採決に踏み切り、

挙句否決されて憤り、「郵政改革」という一見カッコウ良いスローガンを掲げて分裂選挙に踏み切った。
自分や自民党政治で行き詰まらせ、先の展望の見えなくした郵政公社や財政赤字の責任を、

例によって対立軸としての自民党内の守旧派のせいにして、自分達だけが改革推進者だとして昨日までの友を切り捨てようとしている。
正に奇人・変人を通り越して狂人、いや
非情 ・冷酷そのものだ。

自己の郵政法案に賛成する新人・鞍替え議員 ・人気者や女性候補を立てて権力維持を企てている。
かっこ良さと目くらましのフレーズで彼の真の目的を見定めできない有権者の票をかき集めて自民党を牛耳るつもりなのだろう。

理解できないのは、今の郵政法案の経緯と中身を十分理解もせづに小泉さんのお誘いに乗る候補者の品格の無さだ。
政治に対する見識は誰しも持っており資格はあるのだが、もし選挙に負けたら元の職には戻れない。

当選しても、小泉さんが金正日みたいに何時までも権力の座に居続けられるわけではない。
政権は政権党内で何年かの周期で振り子のように変わるものだ。

小泉さんと対立する人が権力の座に座ったら追い落とされるだろう。上位や権力を志向する者は必ず落日がある。
そこまで先を読んで引き受けて立つのだろうか。

小泉さんのことだ、選挙に勝って自分の党となれば今の党則を変えて首相の座に居座るかも知れない。
誰も反対議員がいないのだから十分可能だ。

「自民党を壊してでも改革をやる」というのは小泉党を作るための手段のようだ。


( 以上 一寸一言 2005.8.14 より )



小泉さんは大嘘つきだ。終戦記念日前後の靖国神社に参拝しなかったのである。
かって、「いかなる批判があろうとも必ず参拝します」と公言し参拝を続けて来たのだ。

ただ今回の参拝見送りはそのものは至極当たり前ではある。ここに来て初めて普通の当たり前の行動が取れたのだが、
何故今までこの当たり前の行動が取れなかったのか。日本の国益を考えての結果であると思いたいのだが、とてもそうは思えない。

全て彼の行動は、どうすれば人気が得られるか、人気を持続できるかの「感」に基づいている。
今靖国を参拝すると靖国問題が浮かび上がり、選挙の争点としている郵政が霞んで来る。

靖国参拝に自重を求める同盟の頼みの公明党への配慮もあり、選挙の戦略上不利と見て敢て慎んだのが本音だろう。
が、しかし「必ず参拝します」と公言したのにそれを守らないということは、少なくとも日本遺族会は彼に裏切られたことになる。

小泉さんは嘘をついたことになり、公言したことを守らない嘘つきと言える。私たちは、こうしたその時々の自分の都合で態度を変える、
言ったことを守らない人を首相にしておいて良いのだろうか。政治家として公約を守ることは一番大切なことだ。

これでは全く信頼するに値しないし全く支持するに当たらない人物と言えよう。何時また裏切られるかも判らないのだ。
靖国神社には戦犯が合祀されている。東京裁判が戦勝国で裁かれたもので不当な裁判であるとの主張はあるのだが、

さりとて侵略戦争で日本軍部 ・日本の犯した犯罪は免れ得ない。
サンフランシスコ講和条約締結に際し、裁判結果を認めることで国際社会に復帰することに吉田首相が調印したことは、

日本国家として認めたことなのだ。不満があるなら、不当な裁判であったと国際社会に向かって文句を言えば良い。
国際裁判所に裁判のやり直しでも提訴でもすれば良い。

それさえもせずに、公式 ・私人であれ靖国に参拝していては未来永劫に戦争被害国や国際社会から非難され続けるだろう。

 ( 以上 一寸一言 2005.8.16 より )



 

 


 

[ 026 ]   小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 05. 8.25


国連
安保理常任理事国入りは大詰めを迎えている。
今朝は「G4とAUが一本化に向けた作業の合意」のニュースも流れた。一本化への内容は不明だ。

国連改革案としてG4案 ・AU案 ・コンセンサス連合案の出る中で、常任理事国入り一本化に向け協議が行なわれている。
協議といえば聞こえが良いが実態は関係国間の裏取引だ。理事国入りを本当に狙っているのは日本以外にどの国だろうか。

中国に賛同し日本の加入阻止で動いている国もありそうだ。また協議を通じて旨い汁を吸うのが目的の国もありそうな気がする。
勿論G4にはそれぞれ隣国の強い反対があり、純然と反対している国もある。

常任理事国入りに名乗りを挙げた国全部が本当に希望しているとすれば一本化は難航すると思っている。
国際舞台で殆ど米国の思惑通りに推移することを思えば、米国の言う「二国程度」に絞り込むことは至難の業だ。

ここで経済大国日本は他国の説得に得意の大判振る舞いをするのだろう。一本化がなっても妥協の実態は闇の中だ。
しかし、直ぐには明るみに出なくても、勿論報道はされなくても、今後の国際動静に注目していれば凡その妥協点は判る。

要するに裏取引の産物なのだ。自分の名声を得るために、他国へ経済援助をするというものだ。
国民に「
国連安保理常任理事国入り」について賛否を尋ねれば、「そんなものより年金や不況の問題が先だよ!」

と大きな声が聞こえて来そうだ。こんな自己中心の小泉さんには速やかに引退して貰いたい。
しっかりした長期の展望に立つ民意を反映する戦略的な国際外交や政治理念が無い人はごめんだ。

自己満足で政治をやられては堪らない。
郵政民営化にはごり押しの法案成立を期し、あからさまに解散を前面に出し、脅しで反対派の説得に躍起となっている。

任期の少ない小泉さんに縋り付いて大局感に欠けた恰も忠臣の如き取巻き連中の姿も滑稽そのものだ。

法案否決と共に小泉さんの政治生命の速やかな終焉を願っている。


 ( 以上 一寸一言 2005.7.26 より )



郵政民営化法案、小泉さんは否決されれば衆議院を解散すると言っていたが、見事に否決されて解散となった。
何故否決されたのか明白だ。法案の中身が全くダメで自党議員の造反で否決されたのではない。

はっきり言って彼の政治手法そのものが嫌われたのだ。
全て結論が先にあってそれへの反対は全く認めないというやり方は民主政治ではない。

側近も彼に阿るが故に何も言わないか、首が怖くて何も言わないイエスマンばかりで北朝鮮の金正日と全く同じと言われる所以だ。
だから自分の考え全てが正しいと思い込んでしまい自己中に陥っている。

自分の弱点を補ってくれたり相談相手になってくれたりする側近を求めなかったのが最大の要因だ。
ちょっとオーバーランしそうになったら、「首相、こういうこともありますが・・・」と意見を具申し手綱を引き締める人が傍にいないのだ。

その点「この時期解散は適切な判断ではない」と意見を述べ辞表を提出した島村農水産大臣は立派だ。
その彼の辞表を受理するだけで良いものを敢て「罷免」した小泉さんはやはり相当に冷たいお人のようだ。

今まで協力してきた大臣なのに。そこに郵政民営化法案成立への意気込みよりも人間としての冷酷さが見えて来る。
今や拉致問題をそっちのけにして被害者家族に冷たいのも同じ心の冷たさから来る行動だ。

北朝鮮に出向いて「アッ」と驚かせたのはやはり人気取りの単なるパフォーマンスに過ぎず、被害者家族への心からの同情や、
拉致は許されないという正義感から出た行動ではなかったのだ。

私は自民党は大嫌いだし自民党が分裂状態で選挙に入り民主党など野党に負ける方が「よりましな政治」を願う意味から大歓迎だ。
政治家は自分の信念を貫くのは最も大事なことだが、成し遂げるのは民主的な手法でなければならないし、

間違いがあれば修正も必要なものだ。自己中の驕れる者久しからず。

選挙では真に国民一人一人のことを思ってくれる心温かな政党に票を投じたい。


( 以上 一寸一言 2005.8.10 より )


 

 

 

 

[ 025 ]   小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

05. 8.25


郵政民営化法案は何とか参議院の審議へと送られたが、採決後「政局」の風が吹き始めた。
小泉さんはサミット出席ということで日本を離れたが、これが致命的な結果を招くと言う評論家がいる。

過去は政治手腕で何とか政局の場面をうまく切り抜けて来たようだが、
今のこの局面で日本を離れたことが田中角栄に例えて危ぶまれている。サミットで良い格好(小泉さん一人そう思っているだけだが)

している間に(日本の政治)状況の把握が不十分となり政局を誤るというものである。
サプライズのお好きな小泉さんはここで電撃的な内閣改造をやるかも知れない。

しかし、マスコミも一般世論ももう驚きはしないだろう。計算済みの「苦し紛れの行動」として織り込み済みで、
改造の効果は無く小泉さんの人気下降に拍車をかけポスト小泉に向けた動きが加速されると言うわけだ。

 名声や功名を博したくて安保理改革の議案を提出したが、常任理事国入りを目論んでの改革案ということがミエミエで
冷ややかに受け取られている。賛成するのは日本の金(援助)目当ての貧しい国だけのようだ。

先ず目論みは外れることは間違いない。
 郵政民営化の最大の目的は、営々として築いて来た
国民の資産である郵政公社を解体し、郵政三事業をバラバラにして、

それを民間の事業者にわけ与えてしまうことにあるようだ。「民間でできることは民間で」のかけ声に騙されてはいけない。

べったりの米国に「今あの金有効に使えば経済活性化になる」と囁かれ、国内外の金融資本に投げ与えてしまおうということなのだ。
過去築かれた郵政事業の赤字は大蔵省 ・財務省が悪いのであって、更にうまい汁を吸って来たのは自民党なのだ。

もしも国外の巨大資本に牛耳られでもしたらまさに「売国奴」と呼ばれるだろう。今本当に民営化が必要なのか。
日本国民には急激な変化は馴染まない。無駄を省き健全な郵政公社の構築に力を入れれば良い。

ぶっ壊して改めるべきは自民党や小泉さんの頭の中身のようである。


( 以上 一寸一言 2005.7.10 より )



「参議院で否決されたら内閣不信任として受け止め、衆議院を解散する」・・・解散は首相の権限として認められているとしても、
不信任なら総辞職するのがスジというものだ。

最後の審議 ・採決の場は参議院なのだ。こんな道理を国民が納得するかどうか。
 かって、「自民党をぶっ壊してでも改革をやる」と豪語したが、ここに来て解散は正しく自民党をぶっ壊すことになるだろう。

「公認しない」とか「党や内閣でポストを与えない」とか「除名する」とか脅して賛成に取り込もうとして、
若しそれに失敗し否決されたら・・・小泉さんの意固地な性格から解散となるだろう。

そうなると少なくとも「公認しない」、除名は無いにしても「党則に照らして罰を与える」という。そんなやり方で選挙が戦えるのか。
自民党内バラバラの選挙となり「党の顔」もいなければ国民の支持を得る「目玉のスローガン」も無い。

国民は法案に目が向けば自分達の為にならない欠陥改革法案ということに気付く。
かくして選挙で敗北を喫し野党の民主党に負けるのは必然だ。自民党をぶっ壊すシナリオは解散で実行可能なのだ。

だから[ヤケクソ解散とか「ヤケクソの靖国参拝」と囁かれるのだ。
切れて・・・ヤケクソで・・・本気で自民党をぶっ壊しにかかるかも知れない。

安保理常任理事国入りはお金や援助をちらつかせても見通しは立っていない。
六カ国協議でも下手に拉致問題を口にすれば「協議をぶち壊す」として他の五カ国から攻撃を受けるだろう。

靖国参拝にこだわり、首相の権限で何でも出来る、何をしても口にしても良いと驕りの見える小泉さんは、
中 ・韓を初めとする良識ある国々から嫌われてしまっている。そこにまだお気付で無いようだ。

八方塞がりの小泉さんだが、自分から止めない限り腐っても日本の顔なのだ。
全てが国民軽視のダメなことをして来たわけではない。

残り一年少々の任期中に後世「まあまあだったな」位の評価を残せる行動をとって欲しいものだ。
「史上最低の総理」だったなんて言われないために。

 ( 以上 一寸一言 2005.7.13 より )



 

 

 

 

[ 024 ]  小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

  05. 8.25


 いよいよ今日午後郵政民営化法案の本会議上での採決が行なわれる。マスコミ、いや政治に関心のある国民の注目が集まる。

以前から民営化を口にし首相になって党の公約にも掲げた小泉さんだ。
任期(来秋)の迫る中、これだけは自分の手で法律化したい最大の公約である。

しかし、単純に言って今の郵政で自分達には何も困らない。何とか民営化して美味しく味を占めたいのは自民党だけのようだ。
国民には何故今民営化なのか十分な説明がなされているとは思えない。

メスを入れ無駄を省き国民のためになるのなら、焦らず判りやすく時間をかけて十分な説明の上改革の一環として必要だろう。
今国民の望む急いで手がけなくてはならない問題は他にたくさんある。

少数の国民の要求や願いには耳に蓋をして、自分のやりたかった目的だけに突っ走る。
まさに自己中の塊みたいなお人だ。改革の順序が解せないし、関心の薄い問題だけに目的が未だに良く見えて来ない。

 同じ自民党内で郵政族と言われて来た議員や、小泉さんの政治手法に納得できない議員により、かなり手ごわい反対がある。
彼らが採決の場で白票(賛成)か青票(反対)に投じるかはテレビでも判る。

今まで反対を表明し、反対の会合にも参加して来た若手議員が果たしてそのまま反対に投じるか、
国民いや地元の選挙民にも見えるのだ。小泉さんのように硬い信念を貫けるかどうかの正念場だと思う。

反対すれば、追い風に常に乗ろうとする公明党の「選挙では支援しない」とか、自民党執行部の「公認しない」とか、
党議拘束をチラつかせて脅しをかける。小泉さんまでも解散を匂わすに至っては、まるでヤクザやサラ金の脅しと同じだ。

こうした言わば自民党の内紛劇が、一挙に政変に繋がる事態だけに目が離せない。廃案になるのを願うのだが・・・どうなるか。

 ( 以上 一寸一言 2005.7.05 より )



昨日午後の衆議院本会議での郵政民営化法案の採決は残念ながら5票の僅差で可決された。

しかし、自民党の衆議院議員の中にこの法案への反対者が多かったことに驚いている。
日頃この法案に反対を唱えていたり、小泉さんの政治手法に不満を抱いていても、解散風を吹かされて怖気ついたり、

党議拘束を賭けられて処分にビビル議員が多く、とてもここまでの僅差になるとは思えなかった。
やはり先を読むことに長けた議員さん達だ。「ポスト小泉」に向けて水面下での動きが出始めたのだろう。

可決されると嬉しそうに薄ら笑いを浮かべていた小泉さんだが、今日は特別無理に虚勢を張った笑顔に見えた。
それは参議院での採決を考えるととても笑えるはずが無いところなのにだ。

今までドン青木の後押しがあったとはいえ、最近は彼の忠告にもどうかすると鼻高の小泉さんは軽く笑って聞き流した格好であった。
ドンが力を貸すのか、果たして今まで通りドンが力を発揮できるか、勢いづいたアンチ小泉の流れを変えることができるのか、

すべて疑問である。「死に体」を呈し始めた小泉さんの「ポスト小泉」に絡めたドンの説得に若手議員が口説かれて、
初めて法案成立のメドが見えて来るのだ。

 一夜明けた今日、記者の質問に答えて参議院で否決された場合、自分の不信任とみて衆議院の「解散」を匂わせた。
国民に信を問うということらしい。やはりどうもマトモに事態が把握できないお人のようである。

自己中の人に共通の現象だ。お盆前の参議院での採決が行なわれる前に反対の世論が巻き起こり、
マスコミの論調が廃案止むなしになっても小泉さんは頑張り続けるのだろう。

年金問題 ・少子化問題 ・拉致問題 ・外交問題等々、国民にとって身近な切実な問題が山積するというのに、
そちらへはトント関心が無いようだ。

今彼に見えるのは郵政民営化法案の成立と国連安保理常任理事国入りの二つだけのようである。

 ( 以上 一寸一言 2005.7.06 より )


 


作成後読み直して誤字 ・脱字 ・表現不足の文章など修正したところがありますがご了承ください。 (2005.2)

Top
654321

 

  


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
  
BGM:TAM Music Factory[ http://www.tam-music.com/freemidi.html ]  <引越ししてから・・・ >