一寸一言

  028

日毎感じたことの超短編メモ、忘備録です。メモで書き足らなければ、(少し大袈裟ですが)増補 ・改編版を後日雑記帳に掲載します。 

 トップ

目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館新館-Ⅱ一寸一言


 028 自己中の同類項

2008. 8.27

    

 

  














 


 北京オリンピックは終わった。 各国はメダル獲得に向けて選手を送り込んだ。 オリンピックは開催国中国は元より自国の発展の
度合いをアピールする格好の場だ。 自国の期待を背負って日々切磋琢磨し勝利を目指して競技に一生懸命頑張る姿は見る人の胸
を打つ。 勝っても負けても全力を出し切る姿に若き日の自分を重ね合わせて懸命に応援を送る。 茶の間にいても自分が競技に出
て争っているような気持なのだ。 日本選手の活躍は、期待されたメダルの数に達しなかったかも知れないが、良く頑張ったと思う。 柔道・水泳・陸上等個人競技では体力差に泣き、審判の微妙な判定もあったりして残念なシーンもあったが、選手を攻めることは出来
ない。 競技を逐一見たわけではないが、勝った競技も負けた競技も反省は必要のようだ。 一つ上げれば野球、これは猛反省しても
らいたいと思う。 記者会見で星野は「敗軍の将兵を語らず」と言い逃げた。 ここで兵を語ったら私の大嫌いな楽天の監督野村と同じ
になる。 語らなかったのは救いだが、マスコミの期待したのは「負けたのは全て私の責任です」のお詫びや後の質問を封じるような言
葉ではない。 大野は別にしても言わば大学時代からの野球友達のような山本・田淵、要するにイエスマンを身近に置いたが若い選
手と監督・コーチとの間に立つ兄貴分を勤める者がいない。 集めた各プロ球団の選手は好い選手揃いで申し分ないのだが、高級取り
のプロの選手ゆえに5つ星のホテルに宿泊させ、短期間の合同練習だけだったようだ。 チーム競技は団結が最も重要なのにだ。
ワンマン監督星野はこの辺りが解っていないのではないか。 選手団の団長が苦言を呈していたが正にその通りだ。 やはりオリン
ピックはアマチュアだけが参加するスポーツであってほしい。 その方が観る人の心を打つ。 お国のために勝ちたい、メダルが欲しいだけでプロを送るのは北京を最後にしてもらいたいものだ。 メダルを持って帰ると豪語していた星野は大恥かいた。 同類のワンマン渡辺が次のWBC監督は「星野しかいないだろう」と擁護した。 正に同類相憐れむ感がする。 人の意見に耳を貸さず、自分の言動
は全て正しいと思う自己中心主義者の長すぎる天狗の鼻が折れた感がする。 人間とは弱い動物なのだ。 星野よ暫くお静かに!















 




 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]  < Forever Smile