雑記帳

 

 

山への想い ・言いたいこと ・その他感じたことなど短くマトメていきます。拙い表現ですが想うところをお汲取りください。
 

 トップ目 次本 館最新情報 -Ⅰ最新情報 -Ⅱ私の伴侶達行動記録雑記帳一寸一言自己紹介


 

 Top654321

 

 

  

 番号

  年  月   日

タ  イ  ト  ル

内            容  

 027

 05. 8.25

 完全に理性を失った小泉さん

 

 

 026

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 

 

 025

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

 

 

 024

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

 

 023

 05. 6.26

 意地で信念を貫く小泉さん

 歓迎されない不評の意地に凝り固まって・・・何も見えないようだ

 022

 05. 6.08

 自己満足より国益優先すべし

 先輩首相のアドバイスに耳を傾けるときだが・・・

 021

 05. 5.21

 中・韓に愛想を尽かされた小泉さん

 奢れるもの久しからず

 020

 05. 5.21

 お邪魔虫

 ネットのメールは便利とは言えマナーは守りたい

6

 019

 05. 3.01

 主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

 山頂避難小屋は一部の人だけの都合の良い場所にしてはならない

 018

 05. 2.19

 悲しいできごと

 苦しさに耐え、いつの日か生きて来たからこその喜びを!

5

 017

 05. 2.17

 置いてけぼり

 寂しくも去り行く人に成功とご多幸を祈ろう

 

 016

 05. 2.15

 挨拶

 人との挨拶は互いの励まし、山へは感謝の気持ちを込めてご挨拶

 

 015

 05. 2.14

 ゴミ処理対策

 ゴミの押し売りへの対策は?

 4

 014

 05. 2.09

 主人なき山頂避難小屋  

 大人の告げ口ほど滑稽でみっともないものはない

 

 013

 05. 1.24

 カタツムリの宿 

 お山の天候の悪いときはお宿の手入れです

 

 012

 04. 7.31

 人は見かけによらない

 外見だけでの人の判断は・・・見誤りかねません

 3

 011

 04. 7.29

 心開けば

 謙虚に、そして正直に生きて行きたい

 〃

 010

 04. 7.05

 引越し

 人生最後の引越し先は?

 〃

 009

 04. 5.06

 夢よさらば!

 中古車に新たなる夢を託す

 2

 008

 03.10.07

 大山夏道修復工事雑感

 何時まで続く夏道修復工事

 

 007

 03. 6.20

 故郷の山を歩いて

 宿場町根雨と父のこと

 1

 006

 03. 2.01

 発行後記

 発行にあたって

 

 005

 03. 1.28

 大山の魅力

 大山の魅力は・・・山容?優しさ?厳しさ?・・・何なのでしょう?

 

 004

 03. 1.18

 山よ!また逢いなん

 山懐に身を置けばそこは揺りかごの世界です

 

 003

 02.12.08

 山は吾が人生の道祖神

 山は人生の道しるべ・守護神です

 

 002

 02.10.20

 山へ行こう!

 ぶなの森 ・雲 ・風 ・小鳥が誘っています

 

 001

 02. 6.10

 さあ出かけよう!

 山へのスタートです

 


 

[ 019 ]主人なき山頂避難小屋-Ⅱに対する県の回答-(完)

  05. 4.02


先日、留守中に下記の通り県の対応 ・取り組み状況が掲載されていました。

県と雇用主、雇用主と管理人の間の取り決めなどは判りませんが、文面から判断して管理人には単なる食品の販売管理だけでなく
避難小屋の管理上、マナー違反者に対して適切な注意をすることが求められ、また許されているようです。

「苦しかったけど大山登山は愉しかった」 と思い出に残る山行にするためにも、私達利用者には、
避難小屋の利用に際しては山のマナーは勿論、社会人として恥ずかしくない行動を取ることが求められています。

大山は規模から見れば軽装でも登れる山ですが 「山は厳しいもの」との自覚と意識を持って出かけましょう。
たとえ無事で下山できたとしても、山歩きに対する考え方の甘さや行動の不備を他人から注意されると楽しさは半減します。

しかし、もし注意されても、それは山を良く知る人からのアドバイスとして素直に受け入れましょう。

管理人さんは小屋に常駐してはいないにしても、居れば相談も出来るし、
訊ねればリアルタイムのお山の状況を知ることができるのです。

県は、登山客への
注意の仕方に管理人として行き過ぎた点があったと認めています。
今はご本人も反省されて適切な対応の仕方を模索されています。

避難小屋は利用する私達全ての人が気持ち良く憩える場所でなければなりません。
県のシステムとして、限られた期間ですが管理人さんは今後ともお勤めを続けられることでしょう。

管理人さんは殆ど一日を小屋の中で過ごします。彼を山に入って動けない山友達と思えばお話はし易いものです。
彼と会って会話を交わすことが、皆で彼を親しみやすい管理人に育て上げることになるのではないでしょうか。

安全と危険は紙一重です。山歩きは人に頼ることなく自分の力を信じ、また装備に手抜かりなく出かけなければなりませんが、
互いに補い合い助け合える山友達を持つことは安全で快適な山歩きに通じます。

その意味で、管理人さんも一人の山友達とみなしましょう。
管理人さんとの対話は互いの理解と信頼を深め、愉しく安全で快適な山歩きに通じるものと信じています。



 

受付年月日

項 目

意見の概要

担当所属

対応 ・取り組み状況

2005/03/01











 

大山山頂の管理人










 
山頂避難小屋について、県に苦情があったため管理人室が使用禁止になったと聞きました。管理人が居て使用を厳しくすることが「登山は管理人の口同様にきびしいもの」だと認識する上で大切だと思います。大山登山の安全・マナーのため管理人復帰をお願いします。

 

西部総合事務所県民局









 

大山頂上避難小屋は、冬期間は、これまで、食料品等の販売や水洗トイレの管理業務がないため無人でしたが、今年度は、厚意により管理人が小屋内外の除雪や清掃をしていました。しかし、元々、冬期に管理人室に管理人が常駐することは想定していなかった中で、マナー違反の方に対する注意の仕方等に行き過ぎた点があったことから、今年度の冬期間については、管理人は常駐しないことと致しました。今回の御意見をふまえ、安全かつ快適に冬山登山していただけるよう、改めて冬期間の管理人の常駐について検討し、常駐が必要な場合には、それに必要な手続を行いたいと考えております。 また、冬期に頂上避難小屋を利用される皆様には、装備等に付着した雪の取扱いや戸の開閉等に関するマナーを守っていただくよう、県といたしまして、今後もお知らせやお願いをしていきたいと考えております。

 


この件はこれにて終了といたします。 ご拝読ありがとうございました。

 


 

[ 019 ]主人なき山頂避難小屋-Ⅱに対する県の回答-(2)

  05. 3.24


今日【大山山頂の管理人について】と題し鳥取県西部総合事務所県民振興課長さんより下記の書状が届きました。
 

 

大山頂上避難小屋は、冬期間は、これまで、食料品等の販売や水洗トイレの管
理業務がないため無人でしたが、今年度は、御承知のとおり、厚意により管理人
が、小屋内外の除雪や清掃を始め登山道の旗竿立て等をしておられました。

しかし、元々、冬期に管理人室に現管理人が常駐することは想定していなかっ
た中で、マナー違反の方に対する注意の仕方等に行き過ぎた点があったことから、
関係者と協議した結果、今年度の冬期間については、管理人は常駐しないことと
したところです。

今回の御意見のうち、現管理人個人の資質や適正等について、関係者の皆様に対して実態調査をすることは、適切でないと考えております。
 今後、いずれにしても、例年どおり5月から頂上避難小屋へ管理人に駐在して
いただく予定にしておりますので、現管理人の雇用主等に対して、今回のご意見
をお伝えします。

 


冬季に管理人(彼)を常駐させるのは、利用者の数が減ることや食料品等の販売 ・トイレ等の管理業務を考えると
費用の点で無理でしょう。ただ、今回は彼の意気込みを無視して欲しくなかったのです。

彼の一面だけを取り上げ、ハメを外そうと思っていた小屋で一喝された悔しさで県にメールを送り、
自分達に都合の悪い彼を排除しようとする一部の人達の意見だけで県に判断して欲しくなかったのです。

後段の 「・・・実態調査をすることは、適切でない・・・」 はちょっと理解に苦しみますし、県と彼の雇用主との取り決め
など不明なので何とも言えない所がありますが、現時点では実態調査するまでもないということでしょう。

ただ、今回回答を出される前から彼が復帰できたことを考えると、正しく彼の熱意は伝わったようですね。


小屋に入ったら彼に声をかけ、語り合い、互いに刺激しあって・・・、良い避難小屋にして行きましょう。

 

 


 

[ 019 ]主人なき山頂避難小屋-Ⅱに対する県の回答-(1)

  05. 3.19


今日の「
県民の声」に下記のように掲載がありました。

対応 ・取り組み状況は準備が整い次第掲載とのことですが、下記の「お知らせ」の通り既に管理人さんは復帰されています。

読み難い文章にもかかわらず意を汲んでいただいたことを率直に喜びたいと思います。



 

受付年月日

項 目

意見の概要

担当所属

対応 ・取り組み状況

2005/03/01













 

大山山頂の管理人












 
山頂避難小屋について、県に苦情があったため管理人室が使用禁止になったと聞きました。管理人が居て使用を厳しくすることが「登山は管理人の口同様にきびしいもの」だと認識する上で大切だと思います。大山登山の安全・マナーのため管理人復帰をお願いします。



 

西部総合事務所県民局











 

【準備が整い次第掲載します。】













 

 


 

お知らせ

 2005.3.17


管理人さんは7日から復帰されたそうです。

食材など生活用品を求めて時々下山されますが、以前のように小屋を守っておられます。
15日にお会いしましたが、翌日登ってみると早速入口反対のドア付近やトイレの窓付近が除雪されていて
以前のように利用し易くなっていました。

県からの回答はまだですが、理由は如何であれ小屋に復帰されたことを喜びたいと思います。


 


 

[ 019 ]  主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

  05. 3.01


避難小屋は名実ともその名の通りの小屋であって欲しいものです。

避難小屋は辛くて厳しい歩きの後の寛ぎの場であっても、ハメを外せる遊び場程度にしか考えない人達や
マナーやルールそして常識を無視して他の人達への気遣いのない無法者の都合の良い場にしてはいけません。

先日
鳥取県公式ホームページ「県民の声」に、管理人 ・渡辺さんのことについて下記メールを送りました。

 私は県外人ですし、人から聞いて得た情報なので事実の誤認があるかも知れない中で述べた感想 ・意見 ・要望です。
県が如何扱われるか大きな関心を持って見守り、回答あれば掲載したいと思っています。


広く県民の声を汲み上げてより良い県政に反映しようとの鳥取県の開かれた姿勢は非常に良いと思います。

真実の実態を知る方々が県へメール ・電話 ・投書などされると鳥取県にとって県政への良い参考材料になるでしょう。
皆さんの意見 ・要望などをどしどし「
県民の声」に届けて行きましょう。


**********************************************************************************


先日(2月25日)お送りしました件に付き誤字 ・表現不足がありましたので若干訂正したものを再送致します。
宜しくお取り計らい下さい。(先日のメールは破棄していただきますようお願い致します。)

管理人さんの処遇について心配しております。ご回答宜しくお願い致します。
 

 


差  出  人 加藤貴文
メールアドレス buaep704@hi-net.zaq.ne.jp
郵 便 番 号 このHP上では省略します
住          所       
電     話       
年     齢 64
性          別
男性
件          名
大山管理人について
内          容

 



私は現在神戸市に在住していまが生まれは鳥取市、高校時代まで日野町に居た鳥取県出身者です。
1997年6月から始めた山歩きは毎年北アにも出かけますが、目下大山の虜になっており、月に2~3度出かけ月平均5~6回
歩いています。大山の良さや素晴らしさは訪れる人の多さが物語っており今更此処で申しあげることもないでしょう。

さて、今回メールをお送りしたのは、昨年夏頃から新しく勤務されていた山頂避難小屋の管理人さん(以降彼)についてです。
先日初めて「県民の声」にアクセスし、メールした方の意見の概要とそれに対する県の回答を読みました。

そのメールの内容については大山の山友達からの「また聞き」なので私に多少事実誤認があるかも知れません。
その点はお含み置き下さい。

聞くところによれば、昨秋彼の言動を取り上げて「県民の声」にメールした方がいて、
彼の管理人としての登山客への対応の仕方に不満が述べられ実態調査の依頼があったようだということでした。

私は上述の通り大山に数多く訪れていますが、その都度小屋に入って彼と接しています。
知り合ってから何時も暖かく迎えてくれる彼の人柄に良い感触を持っており、最近の彼についての風評に疑問を抱いておりました。

後述のように彼が避難小屋を去った今、どういう扱いをされるのか、良い人であると思っているだけに気になります。
昨秋届けられたたメールの内容の捉え方が不正確かも分かりませんが、
ここにそのメールに対する感想や彼の取り扱いについての要望を述べさせていただきます。
要領を得ない長文になりましたが、ぜひご一読下さいますよう宜しくお願いします。


メールは、ある登山客が小屋の利用に際して何かのことでルール違反を彼から厳しくお叱りを受け、
その場に居合わせた方が小屋で何度かそういう場面に遭遇していたので我慢ができず横から口を挟んだということ。
そしてそれも一喝されたためメールとなったようだと聞いております。

そのとき彼がどういう点について咎めたのか存じませんが、一般社会通念や常識に照らして利用者らしからぬことがあれば、
小屋の管理を任せられている彼として注意をするのは至極当然のことでしょう。

その場に居合わせて、その叱り方や咎め方がおかしいとメールをした方は結局ルール違反者に同調して
一緒になって自分達の行動を正当化し彼の対応の仕方を非難しているように思えます。

彼の言動や対応が管理人規程から逸脱し行き過ぎがあれば当然彼こそが県からお叱りや必要かつ適切な注意や忠告や
指導を受け、しかるべき措置が取られるべきでしょう。
勿論措置を取った場合には観察期間を設けて彼のその後の態度が改善されているかどうかのチェックも必要でしょう。

彼が一般的な注意 ・要望を登山客に向ってお話されている場面に出会ったことはあります。
特にルール違反者に向って注意する現場に居合わせたことはありませんが、山友達やその他の人から聞いた範囲では、
彼の注意の口調が少し厳し過ぎるのでもう少し柔らかな言い方の方が効果的ではないかなという気は抱いております。

確かに、鳥取県最大の観光資源大山について悪い風評が流れお客さんが減少するようなことがあれば、
地元や管轄される県にとって由々しきことになります。

しかし、気に入らなければ直ぐメールではなく、先ずは自分達の咎められた点について率直に非を認め謝り、
自己反省から始めるべきことでしょう。そして、日を改めて謙虚な気持ちで彼と静かに向かい合い語り合えば、
同じ山が好きな者同士ですから互いに理解し合えたのではないかと思います。

彼を管轄する県にメールして何とかしてもらおうとするやり方は、私から見れば遊び場を取り上げられた幼子が
母親など自分に味方してくれそうな人に泣きついている甘えの構造そのものに思えます。
あまりにも短絡かつ大人気ない行為です。

半ば強制的にアンケートでも取れば別ですが、忙しい今の世で他人の良い点についてメールする人は、
それが余程の善行で見逃せない程のものでない限り、居ないでしょう。
逆にちょっとしたことに不満があれば、悪口は直ぐ吹聴され口伝えでどんどん広まります。

世に、目安箱とか感想を求める投書箱をあちこちで見受けますが、大山の山頂避難小屋にはありません。
裏からと言えば語弊があるかも知れませんが、この度は彼の知らない形でメールが送られたのです。


メールへの回答内容から県は事実確認をされていますが、山頂避難小屋での彼の言動を良く知る人たちのご意見に
耳を傾けられたのでしょうか。県民の声を汲み上げ反映させより良い県政をめざそうとするのであれば、
PCを持てなくてメールできない人たちの「届かない声」にも耳を傾ける必要があるように思います。

ご存知かも知れませんが私の3倍以上も大山を歩いてその都度彼と接している地元の通称「常連さん」と呼ばれる
良識ある年配の方々を何人か知っています。
メールを出された方からの苦情や意見にだけでなく、公正を期す意味合いから彼を良く知る「常連さん」のご意見も
実態調査の中で是非聴取していただきたいところです。

もし将来、彼の任免をも考慮されるのであれば、実態を丁寧に調査されて双方の言い分や第三者も入れて意見を聞き、
非難の応酬ではなく前向きの実りある議論を経て、
大山を愛する全ての皆さんが納得できる形での措置を講じていただきたいと思います。

そうでないとたとえ新しい管理人に代えても、今回のことでクビを恐れて何も言わないか言えない人を選任したり、
好き放題に小屋を私物化しようとする常識に欠けた心無き登山者にとって都合の良い山頂避難小屋となる虞があります。

そうなれば一般登山者にとって不快な山頂避難小屋と化す虞が無いとは言えません。
そのとき非難されるのは表立っては管理人でしょうが、当然県も管理 ・監督責任が問われ評価が下がるでしょう。


「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の諺通りで、一般的に気に入らない人への悪口は尾ひれ葉ひれ・想像や創造の枝葉を付けて
伝わります。ここに彼の管理人としての意気込み・ヤル気・行動について具に書き記すことはできませんが、
感心させられるものがたくさんあります。

例を挙げると、任務の終えた昨秋から引き続き小屋に留まって自費で賄い小屋を守っておられました。
その間の環境整備というか、小屋内外の清潔さを保とうとする努力は素晴らしいものがありました。

また、登山される皆さんの安全を願って自費で購入した旗竿を間隔密に立てられていました。
冬季の突然の強風や視界不良の中でこの旗竿を見つけて、どれだけ多くの皆さんが彼に助けられ感謝していることでしょう。

つい最近までの真冬では、3箇所ある小屋の出入り口全てを利用できるように、
また部屋やトイレの明り取りの窓付近も黙々と除雪作業をしておられました。

これらの行為は全て登山客の皆さんの快適 ・安全 ・安心登山を願ってのことであり大いに役立っていたものと思います。
彼のこうした努力や親切に感謝して資金カンパまでしたという人のお話も聞いております。

私も束の間であっても出してくれるストーブに彼の暖かな気持ちを感じて、
お返しに微々たる量に過ぎませんが他の山友達と共に灯油や水を担いで登りました。


自費で頑張り通すのも、厳冬の大山はどんなものかを体験するのも、管理人として今後に役立てようとする意気込み
であり熱意の表れだと感心しておりました。

管理人として過去に経験があるのかどうか知りませんが、何人かの志願した人の中から採用された喜びで管理人に徹しよう
とする前向きの努力や熱意そして心意気をどうか汲み取ってあげて下さい。

人は誰しも短所を持ち合わせていますが、私の知る限りにおいて彼の今の短所が職を追われたりするほどの
重大なものとはとても思えません。対応の仕方についての「程度の問題」に過ぎないと思っています。

言ってみればまだ半年経過したばかりで現在は発展途上の段階でしょう。気骨があって管理人としての素質があり
将来性は十分と観ております。長所や良さが短所や欠点を補って余りあると言えるでしょう。

一部の人の風評や子供の告げ口にも似た訴えなどの目先のことに捉われず、もう少し長いレンジで
彼を見つめ育て上げて下さい。少し時間が経てばきっと誰からも評価される管理人に成長されることでしょう。
勿論、私にできることや望まれることがあれば喜んで協力させていただきます。


現在彼が山頂避難小屋に不在なのは 「管理人室の使用を禁じられたから」 らしいと聞いております。
この措置は彼の意気込みを阻害する以外の何物でもなく、彼にとっても、県にとっても、
一般登山者にとっても少しも利益になりません。

彼の言動や対応を快く思っていない人達は 「任期の切れた期間に部屋を使用しているのは
山頂避難小屋を私物化しているようなものだから使用禁止は当然だ!」 と陰口を叩いたことでしょう。
しかし、本当は誰がこの公共の山頂避難小屋を私物化しようとしているのか、熟慮していただきたく思います。


全ての利用者が避難小屋は名実ともその名の通りの小屋であって欲しいと願っています。
避難小屋は辛くて厳しい歩きの後の寛ぎの場であっても、ハメを外せる遊び場程度にしか考えない人達や
マナーやルールそして常識を無視して他の人達への気遣いのない無法者の都合の良い場所にしてはいけません。

実態を知るため、関係者を集めてテーブルを囲んでの事情聴取 ・話し合いは勿論不可欠ですが、
ことの現場 ・大山に脚を運んで直接実態調査されることを望みます。

その上で、将来に禍根を残さない見極めとご判断を切にお願いしたいと思います。



県民の声」には左詰めで送っています。


 

 


 

[ 017 ]   悲しいできごと

  05. 2.18


昨夕我が家の近辺で悲しいできごとがあった。今日の朝刊に小さく報道されたが思いもかけない刑事事件である。

マスコミが騒ぐには程遠い事件であるが、自宅からほんの70mほどしか離れていない家庭でのできごとだ。
我らが住宅地にもこんなことがとうとう起こったのかと驚かされた。

「母親が自閉症の吾が子(長男 ・27歳)を刺殺」というのである。

事件の詳しいことは分からない。しかしおおよその事態は推察できる。
何処にでも起こり得るいや現実に日本の各地で起こっているケースだけに考えさせられるものがあった。

報道には 「夫が帰宅したら長男が刺されて倒れており、怪我のある妻は自殺を図った疑いが持たれている」 とあった。
自閉症の吾が子を抱えて現実の厳しさや将来の不安に耐え切れず、
母親が吾が子の幸せを考えて一緒に死ぬ覚悟だったに違いない。

夕食の最中に事件を物語るパトカーの警報が鳴り響いていた。
やけに近いので 「近くで何かあったようだな。消防車のようでもあるしボヤでもあったのかな?」、
そして次第に聞こえなくなった警報に、「どっか上の方かも?」 と妻と話していた。

暫くして勤めから帰ってきた娘が 「直ぐそこでテープが張られ警官が立ち、パトカーがそばに居た」、
「いつもの道が通れずちょっと迂回した」 と話す。

やはり事件だったのだと妻と顔を見合わせて場所を尋ねると 「上の○○さんの処」 だと言う。
雨も降っており物見の趣味は無いので行って見なかったが朝刊に小さい見出しながらも報道されていた。

二人が一緒に歩く姿は時々見たことはあった。まるでお化粧などしない素顔の母親と、
その母親に良く似た顔立ちでちょっと小太りの青年だった。

報道されるまで知的障害児とばかり思っていたし、もっと若いと思っていたので自閉症 ・27歳は以外だった。
いつも仲良く並んで歩いており二人の間に何かトラブルが起きたとはとても考え難い。

他人様の悲しい出来事を興味本位に憶測してあれこれ言うつもりは無い。

同情すべきは最愛の息子と共に死ぬ道を選ばざるを得なかった母親の心情だ。
とは言え27年間も面倒を見て育て上げ共に生きてきたのに 「何故今になって?」 という感じがする。

世間体を気にせず我慢して生きていけば幾らでも生きれた筈だ。
彼が家族の行く末にとって今になって邪魔な存在になったとはとても思えない。

報道に主人のお話で 「妻は精神疾患だった」 とある。
吾が子と一日中相対して生きている身障者を持つ母親のご苦労は想像以上のものだろう。

塞ぎがちとなり心の病に冒されても当然なのだ。シグナルは出ていなかったのだろうか?
後で知ったが他のお子さんもおられたようだ。家族全員シグナルに気が付かなかったのだろうか?

当日二人きりになってから発作的に起こした行動だったのなら防ぎようもないが、
知的障害児を抱える家族に対して社会のシステムが母子の将来に夢と希望を与えるものであったなら
こんな悲劇を生むことは無かっただろう。

人生生きて先まで行ってみなければどうなるか分からないことは一杯ある。予想を超えた事態は起こり得る。
今をどん底と考えれば良いことは沢山待ち構えている筈だ。

弱者に冷たい最近の自民党政治だが世間一般市民が全て冷たいとは限らない。
僅かな希望でも持ち続けて生きてさえいれば良い時はきっと来るんだとの気持ちで頑張って欲しかった。

悲しい事件に胸が痛む。お子さんの冥福を祈ろう。
母親は重い荷物を降ろしたかに見えるが新たにそれよりももっと重い十字架を背負われた。

更正され元気を取り戻されて、いつの日か生きていたからこその幸せを摑み、あの世の息子さんに捧げられる事を祈りたい。


 


作成後読み直して誤字 ・脱字 ・表現不足の文章など修正したところがありますがご了承ください。 (2005.2)

Top
654321

  


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
  
BGM:TAM Music Factory[ http://www.tam-music.com/freemidi.html ]  <引越ししてから・・・ >