雑記帳

 

 

山への想い ・言いたいこと ・その他感じたことなど短くマトメていきます。拙い表現ですが想うところをお汲取りください。
 

トップ目 次本 館最新情報 -Ⅰ最新情報 -Ⅱ私の伴侶達行動記録雑記帳一寸一言自己紹介


 

 Top654321

 

 

  

 番号

  年  月   日

タ  イ  ト  ル

内            容  

 027

 05. 8.25

 完全に理性を失った小泉さん

 

 

 026

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 

 

 025

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

 

 

 024

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

 

 023

 05. 6.26

 意地で信念を貫く小泉さん

 歓迎されない不評の意地に凝り固まって・・・何も見えないようだ

 022

 05. 6.08

 自己満足より国益優先すべし

 先輩首相のアドバイスに耳を傾けるときだが・・・

 021

 05. 5.21

 中・韓に愛想を尽かされた小泉さん

 奢れるもの久しからず

 020

 05. 5.21

 お邪魔虫

 ネットのメールは便利とは言えマナーは守りたい

6

 019

 05. 3.01

 主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

 山頂避難小屋は一部の人だけの都合の良い場所にしてはならない

 018

 05. 2.19

 悲しいできごと

 苦しさに耐え、いつの日か生きて来たからこその喜びを!

5

 017

 05. 2.17

 置いてけぼり

 寂しくも去り行く人に成功とご多幸を祈ろう

 

 016

 05. 2.15

 挨拶

 人との挨拶は互いの励まし、山へは感謝の気持ちを込めてご挨拶

 

 015

 05. 2.14

 ゴミ処理対策

 ゴミの押し売りへの対策は?

 4

 014

 05. 2.09

 主人なき山頂避難小屋  

 大人の告げ口ほど滑稽でみっともないものはない

 

 013

 05. 1.24

 カタツムリの宿 

 お山の天候の悪いときはお宿の手入れです

 

 012

 04. 7.31

 人は見かけによらない

 外見だけでの人の判断は・・・見誤りかねません

 3

 011

 04. 7.29

 心開けば

 謙虚に、そして正直に生きて行きたい

 〃

 010

 04. 7.05

 引越し

 人生最後の引越し先は?

 〃

 009

 04. 5.06

 夢よさらば!

 中古車に新たなる夢を託す

 2

 008

 03.10.07

 大山夏道修復工事雑感

 何時まで続く夏道修復工事

 

 007

 03. 6.20

 故郷の山を歩いて

 宿場町根雨と父のこと

 1

 006

 03. 2.01

 発行後記

 発行にあたって

 

 005

 03. 1.28

 大山の魅力

 大山の魅力は・・・山容?優しさ?厳しさ?・・・何なのでしょう?

 

 004

 03. 1.18

 山よ!また逢いなん

 山懐に身を置けばそこは揺りかごの世界です

 

 003

 02.12.08

 山は吾が人生の道祖神

 山は人生の道しるべ・守護神です

 

 002

 02.10.20

 山へ行こう!

 ぶなの森 ・雲 ・風 ・小鳥が誘っています

 

 001

 02. 6.10

 さあ出かけよう!

 山へのスタートです

 


 

[ 017 ]   置いてけぼり

  05. 2.17


先日以前大山を一緒に歩いたYさんのホームページにアクセスしてみた。多彩な才能のある人でユニークなホームページだ。
私が後追いのホームページを開設したときから相互リンクしていたのだが外されていた。

少し前にYさんのホームページを見たときご夫婦での山行が載っており、読後の感想をメールしたのだが音無しだった。
日頃筆不精の私はメールへの返事が遅れてタイミングがズレてしまうことは結構ある。
忙しくてもYさんは私と違ってそんな失礼なことはされないお人だ。

この度メールを出したのはもう一月以上前のことだが返事は来なかった。どうやら無視されていたらしい。
何が原因なのか分からない。ホームページは更新しているし山歩きもしているので体調が悪いわけでは無さそうである。

何かこちらに落ち度があって気に障って返事が貰えないのであれば謝るだけだ。
「カトチャン○○○は失礼だよ」 とのご指摘があれば甘んじて頭を下げるしかないと思っている。

何時頃外されたのか分からないが思いもよらなかったので寂しかった。しかしあちらなりの理由があってのことだろう。
ここ1年近く大山で会っていないし、メールの付き合いもしていなかった。

互いに了解の上で張り付け合ったリンクだから私の方も今日黙って外すことにした。

私はちょっと気になることもあったので時々はアクセスして掲示板など拝見していたのだが・・・。
しかしYさんはリンクを外していたことを考えると、ある時点から私のホームページにアクセスすることはなかったのだろう。

過去に背を向けて新しい世界に向って進み、過去に知り合ったつまらない山友達とは決別の気持ちなのかも知れない。

新しい出発に際して無駄で不要な荷物を肩から降ろし、これから新しく始まる道程に思いを馳せれば
新しく必要な荷物と入れ替えることは当然のことかも知れない。

そうであるならば過去大山で何回か一緒に歩き気心も分かり一献傾けた仲であっただけにその門出を祝福したい。

山歩きと同じで、もし困難にぶち当たっても私ら過去の人に頼らず自分達や新しいお友達と一緒に
乗り越えて行こうとの強い決意をされたのかも知れない。

そうであるならばYさんに黙って私もそっとリンクを外しておこう。
そして頑張って下さいと拍手で送り無事を祈って見守ってあげようと思う。それがかっての友としての友情と思いたい。

お話好きのお人だっただけに正直に訳を聞かせて貰いたかったが、それがYさんの流儀なのかも知れない。
置いてけぼりにされてしまったのかと思うとちょっと寂しいが仕方があるまい。

今は手の届かない新しい世界に羽ばたき飛び立ったであろうYさんご夫婦の成功とご多幸を祈るだけだ。


 

 


 

[ 016 ]   挨  拶

  05. 2.15


夏から秋にかけての大山は小中学生の「学生登山」が盛んだ。
彼らは学校か登山開始前に 「山道で人に出会ったら 『こんにちわ~!』 と元気よく挨拶しましょう」 と言われているのだろう。

遠くからバスで来ることもあってかスタートが遅く大抵はこちらが降りの八~七合目付近で出会う。
若い声で 「こんにちわ~!」 と言われると若さを貰って元気が出て来るものだ。

中には喘ぎながらも声を出すことで自分を励ましているような子もいて微笑ましくなる。
だが彼らは多勢でこちらは一人、挨拶を交わしているとキリがないくらいだ。

しかし先生やガイドさんに言われたことを苦しい息の下で忠実に実行している若い姿に応えないわけには行かない。
少々面倒臭くなることもあるが今のところ元気な声で応えることにしている。


 登山中殆どの人が互いに挨拶を交わして通り過ぎる。同じ年代だと思わず顔を見合わせて暫く語り合うことも多い。
別れ際には 「お気を付けて!」 と言い交わして互いに今日の無事な山行を念じあうこともあり気持ち良いものだ。
今まで一度も出会ったことの無い人とでも自然と相手を労わり無事を願う言葉を口にする。

山は人の心を和らげそんな気持ちにさせてくれるのだ。
辛い競争社会の世の中で社内や街中と違って誰しも大自然を前にすれば心は開放されるようだ。
山の持つ不思議な力だと思う。


 一方で残念なのは、こちらが挨拶をしても応えず知らん顔して通り過ぎる人がいることだ。
たとえ目と目が合った人でも一瞥して通り過ぎる人がいる。これは中高年に時々見受けられる。

私の声が小さかったので聞こえなかったのかも知れないし、少々聞こえ難くなってきている私の耳のせいかも知れない。
しかし感じ悪いから心の中では 「何でだろう?」 と思いながらも、ホントは 「何で挨拶しないの?」 と言いたい気持ちになって来る。

もちろん間違っても文句は言えないしそんなことを言ったことはない。これはヤクザが因縁つけるときのセリフであり、
そこまで問いかける必要は有り得ない。自分と同じで耳が遠くなりつつあるのかも知れないし、

苦しくて声を出せないでいるのかも知れないからだ。
老若男女の区別無く挨拶の言葉を投げかけているが、応えを期待する方が酷なときもあるのだろう。


 いわゆる気心も互いに知れて良い感触を持ち合っている山友達と出会ったときは笑顔で再会を喜び合う。
互いに近況を語り合い、歩いて来た今日の山の情報を交換しあったりする。
同じようにその山に魅せられて歩いているもう一人の自分に出会ったようで話が弾み実に愉しいひと時となる。

逆に、以前知り合って一緒に歩いたり山を語り合って仲良くした山友達であっても、
ふとしたことがきっかけでその人の人格に失望していたら会っても挨拶はそぞろになる。仲が良かった度合いが深ければ深いほど
山友達という気持ちが冷めていて折角楽しもうと来た山だから 「出会いたくなかったな~」 という気持ちになることかある。

先日山友達が 「ある人から 『挨拶が悪い』 と言われました」 と話していた。自分もかっては行動を共にしたある人かららしい。
まるでヤクザに因縁つけられたようなものだ。人は皆気心合えば何時までも良い関係を続けたいと願うし、
その気持ちの表れで以前と変わらぬ笑顔になっていたはずなのだ。

その気持ちが萎えてしまった相手に偶然出会って 「挨拶が悪い」 では喧嘩を吹っかけられたようなものだ。
こういう人は純粋な山歩き人とは言えない。ストレスが溜まっていたり欲求が満たされないことは誰しもあることだが、
それを関係ないこちらにぶつけられては堪ったものではない。

良い歳を迎えている人からそんな言葉を投げかけられると愉しかるべき山歩きが一変してしまう。
そんなお人はいくら友を求めても直ぐにまた友を失うことだろう。

若くて謙虚な気持ちがあればまだ救いがあるが、自分の言動全てが何時も真実で正しいとの思い込みや
他人に自分の考えを押しつける自己中の心を改めない限り、人は皆離れて行くだろう。

私のような凡人は、そんな人とは山友達いや人生の友達として、無理してお付き合いを続ける気にはなれない。
この世には神様や仏様のように愛情に満ち溢れた優しい慈悲深いお人も居ると思うが、
そういう人に出会って感化され心改めて、心の底から人に愛されるよう早く変身して欲しいものだ。

そうでないと終いにはお山のお慈悲さえも得られないのではないかとついつい思ってしまう。


 ごく最近大山の天候が悪くて行くのを控えて近所をジョギングしていたとき気持ちの晴れるヒトコマがあった。
コース途中の信号機の無い交差点を渡ろうとしたら向こうの車線に車が数台やって来た。

横断歩道に先に一歩に踏み出せば間違いなく車は止まり渡れると思ったが、
間隔を詰めて並んで来ていたので譲ろうと思い足踏み体制をとった。
しかし先頭だった車が止まり 「お先にどうぞ」 と合図をして来た。

こちらも運転席の方に向って 「有難う」 の気持ちを込めて頭を下げ会釈して渡った。
法的には歩行者に優先権があり当然なのかも知れないが実に気持ち良かった。

譲り合いの気持ちと交わし合った会釈に何か向こうのドライバーと気持ちが通じ会えた感じがしてとても良い気分であった。
顔はよく見えなかったが知り合いではなかったはずだ。きっと日頃から良い運転を心がけている人に違いない。


 私は何か考え事をしながら、或いは何か心に引っ掛かるものをぶら提げて、そのまま山歩きをスタートするときがある。
でも身体が温もりどんどん汗を掻いて額から滴り落ちるようになると胸に痞えていたものは何処かに消えてしまっている。

大山夏道で言えば、ブナの林に慰められながら汗を流し、五合目で山の神さまに今日の無事な歩きを願って両手を合わす。
そして六合目まで来ると元谷や稜線の眺めに心洗われて、いつの間にかわだかまりは消えてしまっている。

これは大山の暖かい優しいブナの林や妥協を許さない厳しい北壁と稜線との出会いのお陰だと思っている。
復路で元谷に降れば大神山神社奥院で今日の無事な山行に感謝して頭を下げ御神水を一杯いただいて降る。

そして大山寺橋では北壁に向って 「有難う大山、また来るよ!」 と暫しの別れのご挨拶を残して帰ることにしている。
別段神仏を深く信仰しているわけではないが、何時の頃からかこれら一連のご挨拶無しでは山は歩けなくなってしまった。


 

 


 

[ 015 ]   ゴミ処理対策

  05. 2.14


誰しもそうであると思うが、パソコンのスイッチを入れると先ず最初にメールをチェックする。
私も各種の情報欲しさに配信メールを登録しており、興味ある件名を開いたりして長い一日のパソコン生活が始まる。


自分のHPのBBSにアクセスして掲示されたものは、HPを開く前にこのメールチェックで知ることになり、
手間が省けるし直ぐにレスポンスもできる。

チェックしてみると、当方にとって所謂迷惑メールの多いこと、すさまじい数だ。
HPに貼り付けたメールのアドレスを利用してのことだろうが、暫くはこの削除に追われる。

ウイルス感染を恐れてプレビュウしない設定にしているので件名だけで内容は判らない。
しかし、件名を見れば中身はおおよそ見当が付く。エッチなものから、物売り、投資の勧誘などなど、
内容は同じだろうと思われるものが件名や差出人を変えて、少なくとも毎日15~20件は入って来る。
対策にインターネットプロバイダーの迷惑メール撃退サービスを利用しているが効果なく後を絶たないのが現状だ。

メールアドレスを変更すれば当座は少し減るだろう。
しかし、ウイルスみたいにその内又ジワジワ増えて来るに違いない。従って今のところそのままだ。
向こうはメールアドレスをPCに登録しておいて手変え品変えて一括発信しているようだ。
何度も変えようかなと思ったが、変えるとその都度友人等へ連絡 ・通知しなければならず面倒なのだ。
それに、HPにメールアドレスを公表しているので変えても効果は薄いだろう。
根本的な対策を考えなければと思っているが今のところ削除しているだけなので差出人との根気の勝負が続いている。

自宅の電話でも物売り・投資の類の電話も頻繁にかかって来る。インターホンでの訪問販売も依然として結構多い。
勧誘もそこそこに切り上げさせて全て断っているので無駄な努力をしてご苦労さんと言いたい位だ。
向こうの話を聞いて購入したり、勧誘に乗って何かしようという気は絶対に起こらない。
多少興味があったことでも一気に冷めてその件はボツになって行く。全く逆効果なのだが向こうはご存知無いだろう。


最近、妻殿は非通知電話には出ない設定にした。これにより煩わしさから少し開放されている。
非通知に設定しておいて他人に電話するというのはちょっといただけないやり方だ。
その意味では向こうさんに注意喚起になり良い対策かなと思っている。

また、登録していない電話先にはかかって来ても応答しないことにしている。
ただ私の仕事先を全てを登録しているわけではないので、あちらで当惑されているケースもあるだろう。
ただし、今のところ仕事に差し支えたことはない。
少し気の毒だが、必要な用件であればこちらが応答して繋がるまで、繰り返しかけて来るはずなのだから。


昔を振り返れば若い頃こんなことは無かった。
今は訪問しての勧誘 ・販売こそ少なくなったようだが、通信手段が発達して電波に乗ってどんどん家庭に入ってくる。
まるで押し売りの洪水のようだ。それが不要で求めもしない人にとっては雑音 ・騒音みたいなものであり、
新聞の折込広告と同様にゴミ以外の何物でもない。
静かにマイぺースの生活をしたいと願っている私にとって余計なお世話なのだ。応対や処理が煩わしくて仕方がない。

歓迎されない社会現象にどうにかならないかと毎日のように対策を考えている昨今である。



 


作成後読み直して誤字 ・脱字 ・表現不足の文章など修正したところがありますがご了承ください。 (2005.2)

Top
654321

  


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
  
BGM:TAM Music Factory[ http://www.tam-music.com/freemidi.html ]  <引越ししてから・・・ >