雑記帳

 4

 

山への想い ・言いたいこと ・その他感じたことなど短くマトメていきます。拙い表現ですが想うところをお汲取りください。
 

 トップ目 次本 館最新情報 -Ⅰ最新情報 -Ⅱ私の伴侶達行動記録雑記帳一寸一言自己紹介


 

 Top654321

 

 

  

 番号

  年  月   日

タ  イ  ト  ル

内            容  

 027

 05. 8.25

 完全に理性を失った小泉さん

 

 

 026

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 

 

 025

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

 

 

 024

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

 

 023

 05. 6.26

 意地で信念を貫く小泉さん

 歓迎されない不評の意地に凝り固まって・・・何も見えないようだ

 022

 05. 6.08

 自己満足より国益優先すべし

 先輩首相のアドバイスに耳を傾けるときだが・・・

 021

 05. 5.21

 中・韓に愛想を尽かされた小泉さん

 奢れるもの久しからず

 020

 05. 5.21

 お邪魔虫

 ネットのメールは便利とは言えマナーは守りたい

6

 019

 05. 3.01

 主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

 山頂避難小屋は一部の人だけの都合の良い場所にしてはならない

 018

 05. 2.19

 悲しいできごと

 苦しさに耐え、いつの日か生きて来たからこその喜びを!

5

 017

 05. 2.17

 置いてけぼり

 寂しくも去り行く人に成功とご多幸を祈ろう

 

 016

 05. 2.15

 挨拶

 人との挨拶は互いの励まし、山へは感謝の気持ちを込めてご挨拶

 

 015

 05. 2.14

 ゴミ処理対策

 ゴミの押し売りへの対策は?

 4

 014

 05. 2.09

 主人なき山頂避難小屋  

 大人の告げ口ほど滑稽でみっともないものはない

 

 013

 05. 1.24

 カタツムリの宿 

 お山の天候の悪いときはお宿の手入れです

 

 012

 04. 7.31

 人は見かけによらない

 外見だけでの人の判断は・・・見誤りかねません

 3

 011

 04. 7.29

 心開けば

 謙虚に、そして正直に生きて行きたい

 〃

 010

 04. 7.05

 引越し

 人生最後の引越し先は?

 〃

 009

 04. 5.06

 夢よさらば!

 中古車に新たなる夢を託す

 2

 008

 03.10.07

 大山夏道修復工事雑感

 何時まで続く夏道修復工事

 

 007

 03. 6.20

 故郷の山を歩いて

 宿場町根雨と父のこと

 1

 006

 03. 2.01

 発行後記

 発行にあたって

 

 005

 03. 1.28

 大山の魅力

 大山の魅力は・・・山容?優しさ?厳しさ?・・・何なのでしょう?

 

 004

 03. 1.18

 山よ!また逢いなん

 山懐に身を置けばそこは揺りかごの世界です

 

 003

 02.12.08

 山は吾が人生の道祖神

 山は人生の道しるべ・守護神です

 

 002

 02.10.20

 山へ行こう!

 ぶなの森 ・雲 ・風 ・小鳥が誘っています

 

 001

 02. 6.10

 さあ出かけよう!

 山へのスタートです

 


 

[ 014 ]   主人なき山頂避難小屋

 05. 2.09


2月7日の朝の駐車場から見上げる大山は快晴でした。何とか稜線が望めそうな気配で急いで出かけます。
しかし七合目辺りから雲が厚くなり始め、山頂に着いたときは稜線こそ見えましたがバックが白っぽくて画になりません。

それでもガスで見えないよりはまだ益しと自分に言い聞かせながら三角点まで脚を伸ばして撮りました。
マ、結果は予想通りやはりダメ。稜線が浮かび上がらぬ画像ばかりでした。


昨日今日と管理人の渡辺さんの姿が見えませんでした。
下に降りて神戸への帰り際の大山寺で偶然出会いましたが、前月30日から下山していたようです。
最近彼への悪評やら何処からか聞こえて来る雑音について一言感想を述べてみます。


コトの詳しい経緯は分かりませんが、聞くところによれば、心無い登山客が山頂小屋内での自分達のマナー違反を一喝され、
悔し紛れに彼を管轄する県の係りの方へメールを入れたことから始まっているようです。
(下記追記参照)

まるで幼子が母親に告げ口したみたいなもので全く大人気ない行為です。
私は彼のマナー違反者に対する注意の仕方が 「ちょっと厳しすぎるかも」 という程度の問題だと捉えています。

今までのように勝手気儘に過ごせた山頂小屋を、利用するなら当たり前のルールに則って利用するよう
注意されたことに対して、腹いせにメールで訴えているようです。
自分達の取ったルール違反の行為を正当化しつつ想像も交えて彼の言動を非難しているのです。

私は彼の小屋番としての職業意識を高く評価しています。
訪れる全ての登山客がたとえ短い時間であっても気持ち良く過ごせるようにと小屋内外の清潔さを保つ努力をされています。
また真冬の深雪に備えて重い旗竿を担いで登りマークを付けて間隔を密に立てられています。

吹雪の強風の中、どれほど多くの登山客がこの標識に助けられ安心して歩いていることか。
皆さんの安全登山に役立って貰おうとする彼の優しい気持ちの表れなのです。

入口の雪囲いをした今は入口前のスペースに吹き込む雪を毎朝除雪して入り易くしてくれていました。
裏側のドアからも二階のドアからも出入りできるよう除雪してありました。

全国規模で言うならば、営業小屋で人当たりがよく物腰も柔らかで、訪れる登山客全てに親しまれるタイプの管理人さん
は多くおられるでしょう。その意味では風貌から一見近寄り難いタイプの人のように見えます。

ある時彼が小屋で登山客に注意をしている場面に遭遇しましたが、彼がその時々の気分で厳しい口調になるとは思えません。
彼の態度がおかしいと訴える人達は先ず初めに自分の注意された行為を深く反省すべきでしょう。

自分の行為を棚に上げて、彼の注意が厳しすぎるとか、その他勝手に枝葉をつけて直訴するなんてお笑い沙汰です。
まともな大人の取るべき行為では無いと思っています。

ましてや何か注意されて 「たかが避難小屋でしょ!(後云々)」 と豪語した女性もいたと聞きます。
避難小屋であってもその利用には常識的なルールがあるはずです。全く認識の甘いお人だと思わざるを得ません。
自分に自信を持って言動することは重要ですが謙虚さ率直さを失った人に魅力はありません。

およそ人は自分にとって他人の悪いところを論うものですが、逆に良いところを積極的に評価しようとはしません。
管理人は山好き人。同じように山を愛する仲間同士です。

皆で仲良く愉しく何時までも山歩きを続けて行こうとの気持ちがあれば、問題を大きくする前に注意された
自分の行為に対し素直に非を認めて謝り、自分を戒めるだけで済むことだったと思うのです。

誰でも人に注意を与えるときや自己主張をするときは少し緊張し興奮気味となっています。
その場であれこれ言い合うよりは日を改めてチャンスを作り、穏やかに互いの主張の真意を理解する気持ちで語り合えば、
相互の理解は深まるでしょう。新しく山友達になれるかも知れません。

そこにはお酒は無くても良いのです。いや無い方が良いでしょう。
飲まなければ物が言えないとか、飲まない奴とは話が合わないとではお話になりません。

気に食わないから直ぐに直訴では幼子の母親に泣きつく姿に似て滑稽としか言いようがありません。
常識ある一般社会人として失格でしょう。


7日に偶然お会いしたとき小屋への寝泊りを禁じられたと聞きました。
彼を管轄する県は裁定を下す前にそれぞれの言い分を第三者を交えて公平に聴取したのかどうか。
取り分け彼の言動を目の当たりにしている 「常連さん」 の意見に十分耳を傾ける必要があったと思っています。

マナーの欠如した最近の登山客からの直訴だけで裁断するようでは 「鳥取県は県職員のレベルが低い」
と言われることになりかねません。

もちろん直訴メールの件や風評に対して内規や常識に照らして違反や間違い又は出過ぎた行為があれば、
県は必要に応じて適切な注意を彼に与えるべきでしょう。
多くの志願者の中から彼を管理人に選任したことからもその義務と責任はあると思います。


遭難騒ぎのあった30日はすでに下山されていたようですが、その日以降除雪する人は居なくなりました。
入口付近は大分雪が溜まってきています。強い西風や大量の降雪があると入口はその内塞がってしまうでしょう。

日当も出ない条件下で大山の厳冬はどんなものか体験して管理人として今後に生かそうとする彼の心意気が
県に伝われば良いのですが・・・。


*          *          *          *          *          *


追  記  05. 2.21

事実の誤認がありましたので、ここにお詫び致します。

私の聞き違いで、県にメールしたのはルール違反を一喝されたときの現場に居合わせた人でした。
  そのとき彼は我慢ならず横から口を出したが、彼も一喝されたためメールを入れたようです。

しかし、傍からあれこれ言うのはルール違反者側に立った発言であり、何らルール違反当人との違いはありません。
彼自身の不満を述べ、実態調査を依頼したメールのようですが、私は違反者の代筆 ・代弁 と同様であると看做します。

従って上記記述の加除訂正 ・書き換えは致しません。


蛇足ですが私の主張は、ルール違反者には今後正しい利用の仕方を身に付けて実行していただきたいことと、
県には実態調査に基づいた明瞭 ・公正な判断を示して、利用者に喜ばれる避難小屋にしていただきたいことにあります。



追  記  05. 3.01

先日、雑記帳6の
[019]主人なき山頂避難小屋-Ⅱ で述べましたが、聞いた範囲の事実を元に鳥取県にメール
しております。是非
そちらご一読下さい。


 

 


 

[ 013 ]   カタツムリの宿

05. 1.24


ここ1年、仕事の方が山歩きよりも若干多く、78日が仕事で山歩きが67日でした。残り220日が在宅ということでしょうか。

自分では仕事優先、仕事の合間に山歩きのつもりでいますが、
傍から見ると山歩きの合間に仕事に出かけているように見えるかも知れません。

この在宅のうち何日かは女房殿と小旅行に出かけます。 後は山行で撮った写真整理とHPの更新に追われています。
もちろん山の天候を待ってジリジリしていることも結構多いのですが・・・。

正月は元旦から仕事に出かけました。 終わった後暇なのに天候の冴えない日が続き、山友に刺激されたこともあって、
ETC ・レーダー ・セキュリティーの電装をしました。

車で出かけ車中泊をベースとした山歩きの、快適で安全で安心を得るための取付けでした。
お小遣いは吹っ飛びましたが、違反して引っ掛かった時の腹立たしさや思いもかけない災難に出くわして
その何倍もの出費が嵩むことを考えれば賢い選択だったと思っています。

車はプライバシーガラスですが粗食の採食姿を見られるのもイヤだし、明るいと寝付きも悪く夜間に目が覚めるので、
昨秋からカーテンを付けて暗くし快眠が得られるようになりました。

また先日は敷布団の下に合板を敷きました。 これで腰が沈んで腰痛になることも無さそうです。
更に布団の上でのちゃぶ台の食事はぐらつかなくなりました。 缶ビールも安定して美味しくいただけます。

天井灯がちょっと暗かったので純正ではありませんが明るくしています。
元々読書は嫌いな方だけどこれで少しは本を読んだり眺めたり取説を読んだりできるでしょう。

しかし用心しなければいけません。

先日1月16日どんぐり村の駐車場で、かなり長時間エンジン駆けずに明るい照明を付けてテレビを見ながら・・・
もちろん飲みながら長い夕食をしていたら突然バッテリィーが上がってしまったのです。
直ぐに真っ暗となったわけではありませんが慌てました。

もちろんエンジンが駆かりません。 これでは翌日の山行ができません・・・「チクショウ! しまったな~!」 の嘆き節でした。
昨年夏新しく送られて来た JAF の会員証を失くしたあと再発行してもらっていなかったし、その連絡先も控えていなかったのです。

でも、家庭電器製品を車内で使うため車の12Vから100Vへの変圧器を使っており、結局これを利用して事無きを得ました。
以前は保温ボックス、最近では携帯電話の充電に利用していたのです。 ヤレヤレでした。


こうして着々と車の装備を充実しながらカタツムリ生活の山歩き・・・、
仕事を止めたら直ぐにでも全国巡りが出来そうな気配になって来ています。
しかし仕事から完全にオサラバすると365日自由の身ですが・・・お小遣いに困るし・・・、
で、結局全国巡りの実現はもうちょっと先になりそうです。

今暫く天候不順の時は大人しく今まで通りカタツムリのお宿の充実に精を出し楽しむことにします




(追記:2月03日 「JAF の会員証」 が見つかりました。部屋の引き出しの中で未開封のまま約半年間眠っていたようです。)


 

 


 

[ 012 ]    人は見かけによらない

04. 7.31 


先日仕事の帰りに、何時ものように地下鉄を降りてバスに乗り継いだ。
お昼ごろのバスは、朝の通勤 ・通学で混みあうのと違って比較的空いている。 しかも乗客はといえば買い物を
終えて帰りの子連れの主婦とか、病院帰りのご老人が多い。

頭の白さや薄さからすれば、私も当然老人なのだが、自分では今もって気が若くお年寄りとは思っていない。
そんなわけで、バスが来て乗り込んでも席には座らないことの方が多い。

私の降りる停留所は数えて4つ目、立っていてもせいぜい10分だ。 先日も、運転席の直ぐ後ろに重いカバンを携えて立った。
始発なので発車までに立ち席も混んでくる。 その内かなり強引にザックを背負った若者が後部からやって来て
私の真横に並んだ。 これでは次の停車時に降りる乗客の出口を塞いでしまう。
仕方なく、私は一歩後ろに下がって通路を通り易く空けておいた。

彼は背も低くボサッとした丸刈り気味の長い髪をしており、勤め人風ではない。大学受験の浪人風に近いが、
格好を気にする現代の若者とは程遠く、どうみてもダサイ。 しかも、もう、30歳位の感じなのだ。
動作の状況から見て知的障害の子で、たまたま今日はお母さんに連れ添ってもらっていないが
バスに乗って行き帰りの出来る程度の障害を持つ若者で、降り損ね無いように出口の最前に出ておくように
言い含められているのだろう、と思った。

しかし、混雑の中を独りよがりで強引に前に出て来たのはちょっといただけない。
その辺を学校なり家庭でもう少し躾けて欲しいものだ。 混雑の中で動かれるとザックは周囲の人に当たる。
ザックに金具が付いている場合もある。 当てられたり擦られたりした周囲の人は気分良い筈はない。
思わず振り返って少なくとも目で文句を言われるだろう。

私はこのとき、胡坐をかいて地べたに座って駄弁ったり化粧している女子高校生、優先座席に平然と座ってお年寄りが来ても
素知らぬ顔の若者、電車内で大声でおしゃべりに夢中な女性軍と合わせて、「よし、今度の雑記帳はこの4部作だ!」
と思いつき、どう書こうかなと文の構成など考え始めたほどであった。

ザックを今の若人は腰まで下げている。 どうも流行らしい。 同年代の皆に合わせることを重んじる若者の心理からすれば
ごく普通のことなのだろう。 しかし、私は腰ザックなんて少しもカッコ良いとは思はない。 はっきり言ってだらしなく見える。

ザックは安全上両手が使えるし、身体の姿勢も正しく取れて健康上良いのだが、如何せん後ろに目が無い。
今日の若者はちゃんと閉まっていたが時々ファスナーを閉め忘れ開いたまま歩いている人を見かける。

まさか、中を見せようとわざわざ開けているとは思えないが無用心極まりない。
気が付いた私なんか、盗られたり中身が落っこちないかなと他人事ながら心配して気になってしまう。


そのうちバスは走り出した。 2つ目の停車場に近づいたとき、その若者は急に右後方の私に振り向いて
「交通事故があったようですね」 と来た。 吃驚した。 事故にではなく彼にである。
知的障害を持つ若者だと思い込みそう決めていた私は耳を疑って彼の顔をまじまじと見た。

語尾もしっかりしていたし、目もちゃんと生きている。 可愛そうな若者なんだと決め付けていた自分が恥ずかしくなってきた。
「え!何処? パトカー見えた?」 私は完全には彼を信じられなかったが、普通の人へと同じような調子で応えた。

「ええ、見えましたよ。 あんな処でも事故起こすんですねぇ。」 「う~ん。 出会い頭ってとこだろうなぁ~。」
どう見てもまともな会話が成立している。 しかも神戸弁ではない。 標準語に近いきれいな言葉使いだ。

見下したような、蔑んだような、哀れむような顔や目つきをしていたかも知れない私が恥かしくなった。
そして、3つ目の停留所に着たとき再び振り返って 「じゃあ、お気をつけて!」 と言い残して降りていった。

思わず 「うん、有難う。」 と返したが二度目の吃驚だ。 私は唖然とした。
「じゃあ、お気をつけて!」 なんて、山で二言三言会話した人や知人との別れのときに口にする程度で
およそ電車の中で初対面の人から言われたことはないし言ったこともない。

今時こういう若者もいるんだ、見かけだけで判断してはいけないんだ、と大いなる反省を強いられたが気持ちは明るかった。
最近の若者の姿や言動が気になって失望気味の私は、大げさに言えば日本の将来に希望が見えた感じがして
正直嬉しかったのである。


それで、夕食時妻と娘にこの出来事を話した。

「いやぁ~、感心な子もいるねぇ。 降りて行く若者に 「じゃあ、お気をつけて!」 なんて言われちゃったよ。」
「最初は動作がそれらしかったのでてっきり知的障害児かと思ったけど、今日はちょっと見誤ったようだなぁ~。 反省しなきゃ。」

「お父さん、それはね、やっぱり半分知的障害児よ。」
「そうかなぁ~、降りてからも真っ直ぐさっさと歩いていたし、目線はしっかりしてて生きていたけどなぁ~。」

「ぎりぎりの境界線上の子かもよ。 いまどきそんなこと普通の若い人は見知らぬ人に話しかけたりしないわ。」
「そんな風に直ぐ人を良いように見てると・・・お父さんいつか騙されるわよ。」

「もう・・・甘いんだから。 心配だなぁ~。」 と妻と娘に窘められた。


 今もって半信半疑だがそうだったのかも知れない。 家庭環境の良いとこの子で、運悪く少し遅れていたのも知れない。
知的障害の若者だったとは信じたくないのだが、若しそうであっても、あの話し振りといい、礼儀正しさといい、
彼ならそう不自由せずにこの世を生きていけると思う。

それにしても私に向かって話しかけたあの清々しい目は暫く忘れられそうにない。
正常であって欲しいが、若しそうでなくても、兎に角私へ大きな反省材料を投げかけた。

障害を持っているかも知れない若者に諭されたのだ。 「人は見かけだけで判断してはいけませんよ」 と。
ひょっとすると彼は神か仏か誰かに送られて私に忠告を届けに来てくれたのかも知れない。

いずれにせよ、まだまだ人を見る目のない私である。


 


作成後読み直して誤字 ・脱字 ・表現不足の文章など修正したところがありますがご了承ください。 (2005.2)

Top
654321

  


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
  
BGM:TAM Music Factory[ http://www.tam-music.com/freemidi.html ]  <引越ししてから・・・ >