雑記帳

 

 

山への想い ・言いたいこと ・その他感じたことなど短くマトメていきます。拙い表現ですが想うところをお汲取りください。
 

トップ目 次本 館最新情報 -Ⅰ最新情報 -Ⅱ私の伴侶達行動記録雑記帳一寸一言自己紹介


 

 Top654321

 

 

  

 番号

  年  月   日

タ  イ  ト  ル

内            容  

 027

 05. 8.25

 完全に理性を失った小泉さん

 

 

 026

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅲ

 

 

 025

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅱ

 

 

 024

 05. 8.25

 小泉流郵政民営化法案の行方-Ⅰ

 

 023

 05. 6.26

 意地で信念を貫く小泉さん

 歓迎されない不評の意地に凝り固まって・・・何も見えないようだ

 022

 05. 6.08

 自己満足より国益優先すべし

 先輩首相のアドバイスに耳を傾けるときだが・・・

 021

 05. 5.21

 中・韓に愛想を尽かされた小泉さん

 奢れるもの久しからず

 020

 05. 5.21

 お邪魔虫

 ネットのメールは便利とは言えマナーは守りたい

6

 019

 05. 3.01

 主人なき山頂避難小屋-Ⅱ

 山頂避難小屋は一部の人だけの都合の良い場所にしてはならない

 018

 05. 2.19

 悲しいできごと

 苦しさに耐え、いつの日か生きて来たからこその喜びを!

5

 017

 05. 2.17

 置いてけぼり

 寂しくも去り行く人に成功とご多幸を祈ろう

 

 016

 05. 2.15

 挨拶

 人との挨拶は互いの励まし、山へは感謝の気持ちを込めてご挨拶

 

 015

 05. 2.14

 ゴミ処理対策

 ゴミの押し売りへの対策は?

 4

 014

 05. 2.09

 主人なき山頂避難小屋  

 大人の告げ口ほど滑稽でみっともないものはない

 

 013

 05. 1.24

 カタツムリの宿 

 お山の天候の悪いときはお宿の手入れです

 

 012

 04. 7.31

 人は見かけによらない

 外見だけでの人の判断は・・・見誤りかねません

 3

 011

 04. 7.29

 心開けば

 謙虚に、そして正直に生きて行きたい

 〃

 010

 04. 7.05

 引越し

 人生最後の引越し先は?

 〃

 009

 04. 5.06

 夢よさらば!

 中古車に新たなる夢を託す

 2

 008

 03.10.07

 大山夏道修復工事雑感

 何時まで続く夏道修復工事

 

 007

 03. 6.20

 故郷の山を歩いて

 宿場町根雨と父のこと

 1

 006

 03. 2.01

 発行後記

 発行にあたって

 

 005

 03. 1.28

 大山の魅力

 大山の魅力は・・・山容?優しさ?厳しさ?・・・何なのでしょう?

 

 004

 03. 1.18

 山よ!また逢いなん

 山懐に身を置けばそこは揺りかごの世界です

 

 003

 02.12.08

 山は吾が人生の道祖神

 山は人生の道しるべ・守護神です

 

 002

 02.10.20

 山へ行こう!

 ぶなの森 ・雲 ・風 ・小鳥が誘っています

 

 001

 02. 6.10

 さあ出かけよう!

 山へのスタートです

 


 

[ 006 ]   発行後記

 03. 2.01

 

特に有り余る情報を持っている訳ではなく、またいろんな情報を欲しがってる訳でもないのに、このホームページを作成したのは

山歩きのつれずれに撮った写真の「整理がしたかった」の一言に尽きます。 女房殿には 「立派といえる写真があるわけでは

ないし、人様にお見せするような代物ではないのに何するん?」と、ひとたび走り出したら一寸やそっとでは停まらない性格を
 
「夜も遅いのに!」 となじられながら・・・。 でも、めげず頑張りました。

 そう、パソコンに取込んだだけとか机の引出しや書棚に、それこそタンスの中に眠らして置くだけでは

写真がかわいそうな気がして・・・整理を始めたのです。

「う~ん、良く撮れてる・・・きれいだねえ~!」・・・と、まあ自己満足に浸りたかっただけなのかも知れませんが・・・。

 およそ3ヶ月掛かってやっと格好がつきました。 でもアルバム・・・写真を並べただけ・・・のページばかりです。

しかも、どうせ公開するなら大きな画像でお見せしようと欲張ったためかなりの容量となり相当重いホームページになりました。

 文才は無いので作文は苦手です。 だから沢山の写真でカバーというわけです。

写真の解説は「最新情報」を除いて殆どしておりませんが、四季折々の大山の姿は歩こうとする人の参考や、

山への心引き立てることになればと思っております。

 これからは惜しくもアップロードの選に漏れた写真の復活や、マクロレンズを装着しての花と実など載せていくつもりでいます。
 
 

 


 

[ 005 ]     大山の魅力

 03. 1.28

 

1997.6.12 から始めた山歩きは中国・近畿地方の低山をかなり歩いて今はほとんど大山のみとなっています。

最初の頃の車で出かける日帰りスタイルは大山の素晴らしさに魅了されてから

一度出かけたら車中泊やテント泊して数日歩くスタイルに変わりました。 それほど今は大山にハマッテしまっています。

 何故でしょう?


たくさんあるルートは四季の移ろいに刻々彩を変える。 最初は怖くて歩けなかった縦走路は冬でも条件さえ整っていれば

単独で歩ける。 変化に富み、望めば危ない難しいルートもある。 麓から山頂まで僅かな時間で到達できる。

本当に手ごろな山・・・そんな魅力からなのでしょうか?


いやそれだけではないのです。

雪解けの春から紅葉の秋まで優しく日差しを和らげ色とりどりのたくさんの草花や樹木の花を咲かせ実を稔らせるあのぶなの林、

 小鳥たちを憩わせ心地よい囀りを奏でさせるあのぶなの森、急峻な登りを手助けしてくれる小枝や木の根と同じく

そこに住むすべての生きものを育み訪れる人すべてに手を差し伸べ優しく迎え入れ包みこみ和やかな気持ちにさせてくれる

あの暖かい豊かなぶなの森、があるのです。

そして、そのぶなの森や林を過ぎて稜線に出ると、あの凛として迫る北壁や厳しい稜線が待っています。

 ともすれば易すきに走りがちな心を嘲笑うかのごとく・・・。 でもこの岩かべに一歩づつでも挑戦し険しい尾根を乗り越えて行けば

そこはまさにユートピア・・・花の楽園・・・人生の楽園があります。 無事に越えてきた・・・生き抜いた喜びに浸れます。

山歩きはまさに人生そのもののようです。

山は、大山は母であり父のように迷える子を暖かな懐に抱きしめ励まし見守ってくれます。

大山は何もかもお見通し、神様であり仏様に見えます。


 私にとって大山の魅力はそんなところにあるようです。

  そしてこの魅力が薄れない限り何時までも大山を歩き続けます。

 

 


 

[ 004 ]   山よ! また逢いなん!

03. 1.18

 

山行けば森は暖かな母の胸 風そよぐ梢の葉音は母の声
山行けば尾根は厳しい父のせな 吹きすさぶ風の唸りは父の声

 逢いたさに急ぎ喘いで頂に姿を求めて影を追う

  また来たよ 山よ変わりないか しばらくゆっくりするよ のんびり歩いてみるよ

  峰を越え尾根を行き沢を降りて谷に出る

     頑張ったな また来いよ!

振り返り仰ぎ見上げる岩壁いわかべ は慈愛に満ちた父の顔

今日は良かった? またいらっしゃい!

ぶな林羽ばたく小鳥の囀りは微笑み見送る母の声

うん また来る!直ぐに戻って来る!

山はいつでも諸手を挙げて迎え抱きしめ優しく見送ってくれる

今日もまた 心癒され心充たされ励まされて山を下る


  ありがとう!  ありがとう・・・山よ!  また逢いなん!すぐまた逢いなん!

 

 

                                       

 

[ 003 ]   山は吾が人生の道祖神 

 02.12.08

 

山を創る尾根と沢  山を彩るぶなの森  山に憩う花と鳥

澄みわたる青空  流れる雲  頬を撫でる風

誘われて今日もまた山に入る

山はいつも優しく新しい表情かお で迎えてくれる

山懐に身をおけば山は心和ませ心清め

  多くのことを教えてくれる  正しき道へと導いてれる  微笑んで見守ってくれる

山よ山よあなたは吾が父吾が母吾が人生の道祖神

 

 

 

 

     [ 001 ]   さあ出かけよう!
 

02. 6.10
 

さあ出かけよう!今日も山へ!

ひまができたら山へ行こう 山を歩いて汗をかこう

走り行く風に身をまかせ 湧き出る水で喉潤せば

山は力を与えてくれる

  さあ出かけよう!山へ!
 

 

 

     [ 002 ]    山へ行こう!
 

 02.10.20
 

山へ行こう!

母なる森父なる頂へ

独り稜線に座し流れる雲 裾野に広がる大地を眺め

走り去る風に暫し身を任せれば

やがて時は遥か尾根へと吾を誘う
 


作成後読み直して誤字 ・脱字 ・表現不足の文章など修正したところがありますがご了承ください。 (2005.2)


Top
654321

  


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
  
BGM:TAM Music Factory[ http://www.tam-music.com/freemidi.html ]  <引越ししてから・・・ >